デモ口座をつくってデモトレードにチャレンジしてみよう!

FXの口座開設方法など基本事項をチェック

口座開設方法を知り、デモ口座をつくってデモトレードをしよう!

勝つために練習が必要なのはプロもアマも同じ!

FXなどの金融取引は、もちろんプロのトレーダーもたくさんいますが、アマチュアトレーダーも多いです。たとえばスポーツなどでは、もちろんアマチュアだからこそ一生懸命練習するわけですが、逆にプロだからこそ練習するという考え方も成り立ちます。

実は、FXの世界でもまったく同じことがいえます。FXで勝つためには、練習をしたほうがよいと考えられます。そしてFXの場合、他の金融取引の多くと違って、練習することが許されるのです。その練習の場を、デモトレードと呼びます。

デモトレードは、契約した証券会社が提供するFXトレードの練習環境で、リアルの相場を用いて実際のトレードを行います。そしてデモトレードを実施するために必要になるのが、デモ口座です。

特にビギナーのFXトレーダーからすれば、デモ口座をつくってデモトレードを行うことが経験値として大きなプラスを生みます。しかも、アマチュアだけでなく、プロのトレーダーさえもデモ口座をつくってデモトレードを行っている人が多いです。

やはり、FXで勝つために練習が必要なのは、プロもアマも同じなのです。

誰でもカンタン!デモ口座のつくり方

FXのビギナーが、実際のFXトレードを行う前に、その練習台としてデモトレードのサービスを利用するケースは多いです。そのためには、上でもお話したとおり、デモ口座が必要になります。

デモ口座のつくり方は証券会社によって多少の差異があるようですが、基本的には誰でもカンタンに開設することができます。今では、大手であればほとんどの証券会社でデモトレードのサービスを提供していますので、まずは各自契約を結んでいる証券会社のホームページに行って、デモ口座の開設の方法を確認していただきたいと思います。

特に日本の証券会社は、デモトレードのサービスはかなり充実していますので、大手であればほとんど例外なくデモ口座の開設が可能です。というより、証券会社によっては、デモトレードの充実で知られるところもあるくらいです。ですから、日本の証券会社と契約してFXトレードを行うのであれば、デモ口座も無料で簡単に開設できるはずです。

もちろん海外の証券会社であっても、デモトレードのサービスが充実しているところは多いです。ただ、英語に明るくない日本人の場合、やはり日本語のサポートが充実している証券会社と契約を結んで、デモ口座を開設することが望ましいといえます。