FXの専用口座開設の審査に落ちた人の理由は?

FXの口座開設方法など基本事項をチェック

口座開設方法を知り、デモ口座をつくってデモトレードをしよう!

FXトレードを行う前に、専用口座開設は必須!

FXトレードをすでに経験している人は、すでに悲喜こもごも、いろいろな経験をされていることと思います。もちろんこれからFXの世界に足を踏み入れたいと考えるトレーダーも多いと思います。ただ、すでにFXトレードを行っているトレーダーとこれから新たにスタートしたトレーダーとの間には、経験値という差以外にも違いがあります。それは、FXトレードのための専用口座の有無という違いです。

FXトレードを行うためには、証券会社と契約をして専用口座を開設する必要があります。ですから、すでにFXトレードを行っているトレーダーは、専用口座開設はもう済ませているはずです。これからチャレンジしたいと考えるトレーダーは、これから専用口座開設の手続きをまずは行う必要があります。

FXで勝つのは難しいかもしれないけれど、口座開設くらいなら簡単でしょ?と思うでしょう。もちろん基本的には何も難しいことはないのですが、場合によっては、口座開設が難しく感じられてしまう人もいるのです。

FX専用口座開設のためには審査が必要!

FXの専用口座開設の何がそんなに難しいの?とギモンに思うトレーダーもいるでしょう。ちゃんと理由があります。実は、専用口座開設に先立って、審査が必要になるからです。専用口座開設のための審査がない証券会社なんて聞いたことがないくらいですから、審査があることを前提として考えておいたほうがよいでしょう。

しかし審査があるということは、審査に落ちたなどという話になってしまうこともありえます。しかし実際にFXの専用口座をつくる際に審査に落ちたなどという話は、あまり聞いたことがないというのが正直な印象です。結論から言えば、よほどのことがない限り、FX専用口座開設の審査に落ちたなどという事態には至りません。

証券会社は口座開設してもらって、取引をしてもらってその手数料で成り立っています。ですから、できるだけ審査で落ちたということがないように計らいます。

ただし、審査のための事前申告に対して不誠実な対応(ウソの申告をしたなど)をすると、審査を通すわけにはいかないということになります。ですから、FXの専用口座開設の審査に落ちたというトレーダーは、何らかの不誠実な対応をとってしまった可能性があります。

ということで、ふつうの対応ができれば、何事もなくFX専用口座を開設できる可能性が高いと考えて問題ないでしょう。