スワップの特徴やメリットを知るとFXの魅力はさらに大きくなる!

FXの口座開設方法など基本事項をチェック

口座開設方法を知り、デモ口座をつくってデモトレードをしよう!

ビギナートレーダーには入りやすいスワップ取引

FXは、他の金融トレードとくらべても比較的ビギナーのトレーダーがスタートしやすいトレードであるといわれます。中でも、スワップ取引は多くのビギナートレーダーが注目する取引のシステムです。

なぜビギナーにとってスワップが取引しやすいと感じるのかというと、他のFXトレードと違って、比較的長期的なスパンでトレードを行うスタイルだからです。FXの取引ともなると、一般的には1分1秒が勝負になるなどといわれますが、スワップの場合、基本的にはそういった忙しいトレードにはなりにくいという特徴があります。

また、スワップトレードの場合、レバレッジをそこまで大きくする必要がないケースが多いため、コストを最小限に抑えることができるという特徴もあります。これが、ビギナートレーダーにとっては安心感につながり、大きなメリットと考えられる理由のひとつです。また、スワップ取引は現物取引と違って、事務手続きも比較的簡単であるという部分もメリットになるでしょう。

スワップの場合、損切りという概念がない、もしくはあまり積極的には採用されないため、一時的に損益が出たとしても、その後プラスに転じるまで待つことができるという特徴もあります。やはりビギナートレーダーにとって損切りは精神的な負担になりますので、そういった理由からも、スワップはビギナーに向いているといえるのです。

スワップには2種類のトレードスタイルがある

ビギナーには特に人気があるスワップには、大きく分けて2種類のトレードスタイルがあります。ひとつが金利スワップ、もうひとつが通貨スワップです。それぞれについて概要を説明しておきましょう。

金利スワップの概要

金利スワップは、取引自体は同じ通貨間で行うことになります。ただ、トレードを行う金利は異なる種類の金利になります。これが金利スワップの特徴になります。金利スワップでは、元本の交換は行われません。

通貨スワップの概要

通貨スワップも、金利スワップと同じく異なる種類の金利についてトレードを行いますが、通貨も異なる通貨間でのトレードになるという特徴があります。また、通貨スワップの取引では元本の交換が行われるという点でも、金利スワップとは異なります。

どちらのスワップが自分に向いているトレードであるかということをまずは吟味して、より自分に合ったスワップトレードを行っていただきたいと思います。